寝床内測定

今月は寝床内測定のお話です。

まずは、測定中の様子を大公開!

3%e6%9c%88%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

快適な睡眠を維持するための寝床内環境(ふとんの中の温度と湿度)は、

温度33℃ 湿度50%が良いとされています。

これは1990年頃、奈良女子大学 簗瀬先生(故人)が提唱され、その測定方法は

横浜国立大学川島先生により確立されています。

CILでは、寝床内温湿度測定を実施することが可能で

特に夏の寝具で「蒸れない」ことを測定できます。

来る暑さに向け測定してみてはいかがでしょうか。

ご依頼お待ちしております。